​アムールテンナンショウ × ユキモチソウ

Arisaema amurense × A. sikokianum

Arisaema amurense × A. sikokianum

​各地で生み出されている交配種です。

​ユキモチソウのすっきりした立ち姿と、A. amurenseの丈夫さ、分球する形質を引き継ぐ優秀なものです。緑花個体が一般的ですが、褐色花も一部存在するようです。

ウラシマソウ × ヒメウラシマソウ

Arisaema thunbergii subsp. urashima × A. kiushianum

ヒメウラシマソウとウラシマソウ素心の交配固体。

知人のS氏よりご提供いただいた株。

特徴としては

1. ヒメウラシマソウに比較しやや大型

2. 仏炎苞の白条が目立たない

3. 仏炎苞筒部から舷部にかけてのキノコ状の模様が存在しない

の3つが挙げられる。

少しややこしい交配だが、区別はつくためさほど問題ではないと考える。が、逸出を初め野生個体群への遺伝子撹乱に細心の注意を払うべきであることは言うまでもない。

ユキモチソウ × オドリコテンナンショウ

Arisaema sikokianum × A. aprile

​(コウライテンナンショウ × ユキモチソウ) × ユキモチソウ

(Arisaema peninsulae × A. sikokianum) × A. sikokianum

​図鑑ページに戻る