​褐色型キタマムシグサ型コウライテンナンショウ

​Arisaema peninsulae var. boreale (=A. boreale Type)

コウライテンナンショウの中でも北方に分布する個体群によく見られる、舷部が短く膨らむ形質を持ったもの。

近畿地方や九州地方ではより形質の違うものがあり、より詳しい分類の研究が必要。

​図鑑ページに戻る