オオウラシマソウ

Arisaema thunbergii subsp. urashima

(A. urashima var. gigantum Type)

伊豆半島、下田より記載されたウラシマソウの海岸性個体群。非常に大型になり、また葉が分厚く、肉質がしっかりした印象を受ける。

​ただし、海岸性の個体はこのような傾向にあり、また内陸に向かって連続的な形質であるため現在はシノニムとされている。環境要因によるものか、それとも遺伝的形質なのかは現在調査中。

​図鑑ページに戻る