​縁毛南星

Arisaema ciliatum (var. liubaense)

四川から雲南に自生する非常に美しいテンナンショウです。

欧米では一般的で、よく種子が流通します。

日本にあるものも欧米経由の種子ですが、一部交雑種があるようで要注意です。

​j変種liubaenseはLiubaで採取された個体に基づき記載されたものの、明確な識別ができないためシノニムとして扱われることも多いです。