キリシマテンナンショウ

Arisaema sazensoo

九州中南部に分布する比較的小型の可愛らしいテンナンショウ。

遅咲き型で、葉の展開ののち仏炎苞が展開する。

葉は1枚かまれに2枚で、小葉は5〜7枚。

仏炎苞は濃い紫褐色を基本とするが種内変異があり、緑色〜桃色の個体群が存在する(ミドリテンナンショウおよびミサトテンナンショウと呼ばれる)

筒部は上部に行くにつれ幅が広くなり、ラッパ状になる。

​付属体は白色で安定しており、太い棒状。

​標高の高いエリアには極端に小さな個体群が存在する。