​ヒトヨシテンナンショウ

Arisaema serratum var. mayebarae

熊本、宮崎、鹿児島に分布する。やや開けた草地などの場所に生育することが多い。

葉は2枚まれに1枚であり、小葉は7〜13枚で光沢がある。

花は葉より高い位置で開花し、仏炎苞は光沢のある濃紫色。付属体は太い棒状。

分布域と花の色から識別は容易と思われがちだが、他種と容易に交雑し、識別できない個体も多く存在する。

また同じ個体群内でも変異が大きいことがあり、特徴が当てはまらない個体も多い。

​今後の詳細な調査を期待する。