​ヤマザトマムシグサ

Arisaema galeiforme

本州の里山に分布する。

葉は2枚、小葉は7〜17 枚で葉軸が著しく発達する。

​最大の特徴はヘルメット状に膨らみ横に広がる舷部である。

やや遅咲き型で、葉と花はほぼ同時に展開する。

舷部の白条は外側より内側の方がはっきりしている。

​識別がやや容易なテンナンショウであるが、ヤマジノテンナンショウとの中間的な個体が一部存在し、識別できないこともあるため要注意。