Arisaema cucullatum

ホロテンナンショウ

仏炎苞舷部と口辺部が内側に丸み混むような特異な特徴を示す。​

分布は三重県、奈良県、和歌山県であり、個体数の少ない希少種。

葉は1枚又は稀に2枚、7 〜13枚の小葉を持ちます。

​雄状態では非常に小型であるが、栄養状態により性転換すると中型サイズまで成長し、背が高くなる。