褐色型コウライテンナンショウ

Arisaema peninsulae

コウライテンナンショウの中でも近畿〜関西に分布する個体群によく見られる、舷部が短く立ち上がる形質を持ったもの。

九州地方や日本海側、北日本ではより形質の違うものがあり、より詳しい分類の研究が必要。

基本的には緑色であるが、褐色の仏炎苞を持ったもの(本個体)も存在し分類は混乱を極める。全て形態は連続的に変化しているため、それぞれを種としては扱うことができないものとしてここでは扱う。