ムロウテンナンショウ

Arisaema yamatense

本州に分布する。

葉は2枚だが、第二葉が明らかに小さい。

小葉は7〜17枚で葉軸はよく発達する。

仏炎苞は通常緑色だが、舷部内面に細かな乳頭状突起を持ち、これの影響で内面は白っぽく見える(これは本種を識別するさいの大きなポイント)

付属体はマッチ棒のように先端がやや膨らみ、先端は濃緑色となる。ただし、仏炎苞の形状にはやや個体差があるようで、全く前述の特徴に当てはまらないものがいる。

また、日本海側では褐色の個体が多く存在するエリアがあるようだ。​