透明感のある花弁に入る濃いピンク〜紫の縦縞模様が美しい、中国南部〜ビルマが原産の小型のBulbophyllumの一種です。小さくても開花しやすく、今回のこの子にも花芽っぽいものが確認出来ます。

原産地中国南部では高標高の山岳地帯に自生しているようで、気温一桁台まで耐えることが出来、栽培しやすい種です。

また光の要求もあまりなく、日陰に吊るしておくだけで調子が良いです。鉢植えだとすぐに縁を乗り越え伸び放題になってしまうこの仲間、ヘゴに付けると野生味溢れたカッコいいものになるでしょう。

 

Bulbophyllum anbrosia 活着済み

¥2,500価格