そこそこレアだと思う、ヒロハクリハランです。こちらは鹿児島県紫尾山にて採取された個体が維持されてきたものです。学名は錯綜しているようなので、HPではYListに倣います。

根強いファンが結構多いナントカクリハランシリーズの中でも王道を征く本種、大きすぎて撮影ブース(?)の中に納まりません。鉢含め高さ50cm前後(目測)ある大型株です。南方に多い本種ですが、知人宅では氷点下も余裕で耐えたそうです(非推奨)

乾燥にはあまり強くないようですが、栽培は容易で、あまり光も要求しません。根茎が長く伸びるのは、欠点とするか美点とするか分かれるところですね。

これはマニアには刺さると思います(私は心を射抜かれた)

[鹿児島県,紫尾山産] Neolepisorus ensatus f. platyphyllus ヒロハクリハラン

¥4,500価格