[雲南省産] Liparis cordifolia アリサンスズムシ

東南アジアに分布するスズムシソウの仲間、Liparis cordifolia(アリサンスズムシ)です。地生のLiparis属で海外から導入・維持されているのは本種だけな気がします。こちらはサンシャインにて某四川の業者より購入したものですが、三つ買ったつもりが根元に一つ、ちびっ子がひっついていましたので、折角ですしお好きな方へ販売します。私も昔から本種は憧れでしたし。

さて、アリサンとありますがTaiwanのみの自生ではなく、実はBhutan,India,Nepal,Vietnam,そしてChinaにも分布があります。沖縄でも記録があるそうなので、探せば見つかるかもしれません。確かにあっても良さそうな感じです。

本品は中国雲南省産ですが、他に中国国内ではGuangxi,Xizang,にも分布があるようです。雲南省では南東部に分布が偏っているそうなので、これもその辺りのものでしょう。Liparisマニアでしたらご存知の通り、国内に導入されている個体は銀白色の斑入りと無地のタイプがありますが、現地ではもっと多種多様な変異が見られると聞いています。こちらは無地葉ですが、他タイプも導入を期待したいところです。

増殖はLiparisの中では比較的容易ですが、それでもペースは遅いものになります。よって次は長らくお待たせしてしまうことになるかもしれません。栽培に関しても同様で、Liparisの中では容易ですが、他のランと比較すると少々ハードルが高いかもしれません。Guangxiにも自生があるようなので、氷点下にも耐えるのではないかとは思いますが、危険ですのでお勧めしません。当方では成長している限り20度以上を保っています。よく肥培すると非常に大きくなるようなので、あのスズムシソウを大スケールで楽しみたい方にはメチャクチャお勧めです。

[雲南省産] Liparis cordifolia アリサンスズムシ

¥3,500価格
  • 本品は現在、当店オリジナルラベルが付属しておりません。ご希望の場合、受注生産となります。