長野県産テンナンショウ不明種 Arisaema sp. NKN-1 種子10粒
長野県で採取したテンナンショウの種子10粒です。邑田(1995)によればこの個体は自生地からしてキタマムシグサ型のコウライテンナンショウ、およびカルイザワテンナンショウである可能性がありますが、ほかにもヤマジノ、ヤマザト、オオマムシの可能性も検討が必要です。
来春に観察予定ですので、種同定は少なくとも来年までは難しいでしょう。
NKNは他の不明種と識別する記号で、続く数字は親個体を識別するものです。

※この商品にはラベルがありません

長野県産テンナンショウ不明種 Arisaema sp. NKN-1 種子10粒

¥1,000価格