台湾で採取したジャコウシダです。

日本国内では屋久島のみに分布するが、国外ではインドネシアあたりまで幅広く分布しているようです。

葉を乾燥させると桜餅のような匂いがすることが名前の由来と聞いています。

短い根茎と、珍しい緑色の根を持ったシダで、これから成長に従い小葉の枚数が増えていきます。

栽培は容易で、高温にも比較的強いらしく、湿度さえあればなんとかなるとおもわれます。

語尾が見聞ばかりで不確かなのはこのシダの栽培経験がないからですが、今のところは我が家の環境にも順応してくれてい

ジャコウシダ Deparia formosana 台湾産

¥2,000価格