過去販売ラベルの一部訂正

過去に販売した植物のラベルに一部訂正がございます。


1. 2019年4月以降に販売しました、「Begonia sp. Tai-tong, Taiwan」は


・Begonia sp.→Begonia formosana


となります。


2. 2019年4月以降に販売しました、

「Unknown U-lai, Ssin-pak, Taiwan

[UN1-D201903001/(コード省略)]」


・Unknown→Pilea platanifolia


となります。


【詳細】


1に関して、Begonia formosanaである確証が持てない状態での販売であったため、暫定的にB. sp.として販売しておりました。その後、複数の方よりB. formosanaで間違いないとのご確認を頂きましたので、訂正する運びとなりました。


2に関して、採取時の状態と栽培時の状態が大きく変わり、またノボタン科に酷似した外見であるため科の同定に難儀し、Unknownとして扱っておりました。

その後、お客様より、P. platanifloraではないかとご指摘を頂き確認したところ、自生地とその形態から本種に該当するものであると判断致しました。

ただし一部の

・乾燥した崖地に自生していた点

・非常に葉が肉厚

上記2点の形態が異なっており、地域個体群や高山型である可能性があります。

本種に関しては今後、より詳細が判明した場合にラベルが再度訂正される可能性があります。


以上の上記2種、次回印刷分より訂正されたものとなります。すでにご購入頂いたお客様にはお手数をおかけしますが、ご了承下さい。

12回の閲覧

最新記事

すべて表示

テンナンショウ増殖状況報告①

さて、テンナンショウの果実が熟す時期がやってまいりました。 当方では増殖事業に取り組んでおりますが、その近況を報告しようと思います。 増殖した種は、 ・ヒメウラシマソウ Arisaema kiushianum (鹿児島) ・ヒメウラシマソウ A. kiushianum (素心, 準素心) ・ナンゴクウラシマソウ A. thunbergii subsp. thunbergii (九州) ・ウラシマソ