アオテンナンショウ

Arisaema tosaense

透き通った仏炎苞が特徴的な一種です。

岡山県から四国、九州に分布します。

​白条が目立たず半透明、舷部と小葉の先端が糸状に伸び、付属体が棍棒条で薄い緑色。